女の人

管理がしやすくリーズナブルな価格で販売されている和服

このエントリーをはてなブックマークに追加

祭りの舞台衣装

祭り

日本各地には、その土地独自の祭り文化があります。日本では、夏になると特に祭りが多く開催されています。7月から8月にかけては、お盆や夏休みも重なっているため、連日のように開催されることがあります。祭りによって演舞や構成は異なりますが、昔ながらの太鼓を鳴らす演舞や、盆踊りなどは今でも根強い人気となっています。昔の伝統を引継ぎながら、思いっきり楽しむためには半纏を着用してみましょう。半纏は江戸時代から庶民に愛されてきた伝統的な衣装です。高い機能性と華やかさを持ち合わせているので、オリジナリティある着こなしを楽しむことができます。

半纏を着る際は、ある程度のルールを把握しておきましょう。必要になる小物もあるので、事前に用意しておくと伝統的な着こなしを再現することができます。初心者の方が半纏を着る際に注意すべき点は、えりの掛け違いです。洋風の衣類とことなる半纏には、襟を自分で調整しなければならない形なので、右と左の違いをよく確認してから着ましょう。正しい襟の出し方は、左が上になる着方です。専門用語では右前と言い判断に困ることもありますが、左が上と覚えておきましょう。このルールは男女共通ですので、女性が半纏を着用するときも、襟元が逆になっていないか確認しましょう。粋な着こなしを目指すなら、江戸前風スタイルがオススメです。全体的にシャープな印象ですし、機能性も考慮されたコーディネートとなっています。腹掛と股引きを活用してスタイリッシュに仕上げてみましょう。